hosapyon 様 投稿記事

緊急事態宣言も明けてなんとか釣りに出かけれる状況となったため、天候はあまりよくない状況でしたが、思い切って出かけました。

現地に着くと予定していた場所は先行者が居たため、別のポイントへ。

しかし、そのポイントも先行者がいましたが、その先行者の方が先端の好ポイントを譲ってくれたため場所を確保させてもらいました。

釣りが開始できるまで、タックル準備やその方と情報交換し夜明け少し前から釣りを開始しました。

情報によると前日は好釣果だったようで期待ができます。

すると30分ぐらいしたところで、場所を譲ってくれた方にグッドサイズのサワラがヒット!

しかし、その後も全く反応がありません。他のアングラーも同様のようです。

日も昇り周りのアングラーも居なくなり、あと数投で終了しようと思い、グローテープでチューニングしたジグをセットしワンピッチで期待せずにシャクっていると待望のヒット!

やりとりからヒラマサと確認できたので久しぶりの引きを楽しんでいたところ、前方にある岩に回り込まれショックリーダが擦れる感触が伝わってくる状況に。

バレるのを覚悟して強引に寄せて、なんとか抜き上げに成功。

小ぶりでしたが、久しぶりのヒラマサで非常に満足したので終了としました。