しろいたち 様 投稿記事

到着が夜中になってしまいましたが、海を目の前にして釣りをしないわけにいかない。そこで、少しだけして、夜明けに集中しようと始めるが…。
何にも釣れない。が、たまにエサの青虫は無くなる。何かはいる。とうとう、ウキを沈めたのはフグ。
そして、このフグに悩ませる事に。棒ウキで始めていたが、ハリスが切れて針が無くなってしまう事があったが、ウキがおかしな感じになっていて、円錐ウキに変更して、遠投してみることにすると、巻いて見るとウキが帰ってこない。見ると道糸が切れている?ほどけたか?そんなはずないけどなぁ。あの電気円錐ウキ高かったのに。
と思いつつも次の円錐ウキに変更し、今度は早めに回収してみると、ウキ止めのゴムをフグがかじっている。さっきも多分、重りのクッションゴムをかじって道糸が切れたのだろう。
今度は、ゴム系を使わない仕掛に変更した、絡みやすくなったが仕方ない。
夜明けが近づいてくると、今度は、チャリコの猛攻。(リリース)
そして、とうとう明るくなってきたが、狙いのアコウは今だ釣れない。
明るくなってきて、釣れるのはベラ。そして、チャリコ。いい引きを楽しませてくれるベラもいいがやはりアコウが釣りたい。
少し向こうで釣っているルアーの方はポツポツ釣れている感じ?アコウかな?色はそんな感じでした。そこで、ウキをはずし、投げては巻く青虫ルアーをしてみるが、ベラとチャリコの猛攻はおさまらない。

あんなにあった1000円分の青虫も、もうあと2匹と今日はあきらめていたその時!今までより一際、強く引く魚がHIT!少し大きめのチャリコかと巻いてくるが、それでも大物だ!と水面まで浮いてきたのはやりました!念願のアコウ。小ぶりですがやっと釣れました。
ここでは、何故かあたりがあるのは、左だけ、どの魚も左側で釣れました。ルアーでも釣っていたのは左の2人組み。場所って大事。