しろいたち 様 投稿記事

久しぶりの淡路島、どこで釣ろうか迷った結果、洲本港に決定。
3時すぎから投げを、ボチボチ始めます。
ピクピクと竿に反応があるが掛からない。何度かしても同じ、竿の反応が大きくなっても掛からない。魚が小さいのだろうと、キステックの連結仕掛に変更。
するとピンギスですが掛かるように。

また、海には見える所に豆アジと小サバの群れが!
とりあえず淡路島まできたし、唐揚げと南蛮漬けぐらいは確保。と、ウキ下ほぼ0でサビキ投入。
しかし2、3回豆アジや小サバが釣れると、次からはスズメダイ。そこで3か所ぐらい場所を変えたり、少し休んだりしながら、スズメダイをさけました。

夜、アナゴでも釣ろうと釣れたサバをエサにして投げて置きました。すると早速マアナゴ登場!

しかし、今度のあたりは竿をひったくっていくようなあたり!
何がかかったの!
慌てて竿を持ちドラグを締めて、あわせると、重い!
根がかった? と
グングン引き始め、今度は竿を立てて応戦。
糸を必死に巻き、水面でバシャバシャと暴れるのを見て、巨大アナゴだと思い、抜きあげて、近づいて見て見ると、怖い。なんだかアナゴと違うような?口の中に歯があるし?と悩みながらも次の投入。

今度もなかなかのあたり。先ほどと比べるとなんなく上がってきたのは黒いアナゴ?ウナギ?いや顔はアナゴだ。しかしなかなかのサイズ。

結局、12時ごろで終了としました。
朝まで仮眠をとり、投げ開始。薄明るくなってきた頃にゴン!と一際大きなあたりを見せたのは28㎝のガッチョでした。そしてエサの石ゴカイが無くなるまで行い
気になるので、釣り具屋さんで魚の見てもらいました。
すると巨大アナゴと思っていた魚はハモでした。陸からまさか釣れるとは思っていなかったのでビックリです。
そしてハモと黒アナゴは人生初GET!です。
淡路島のポテンシャルには驚きです。