北村 様 投稿記事

加斗の海岸へチョイ投げ釣行しました。満潮時刻と朝マヅメの重なる好条件に期待が膨らみます。しかし、現場到着が満潮時刻を過ぎた午前5時。急いで支度を済ませ、まず加斗マリーナの東側のゴロタ浜をチェックするもヒイラギ1尾とタイの稚魚のみ。すぐに若狭化学前に移動しますが、ここでも40mほど投げるとタイの稚魚の猛攻を受けました。そこで15mほどの足元でシモリの間を探って何とか22㎝のキスを出しましたが、あとが続きません。最後にホテル前の砂地に移動しました。ここでも近投でポツリポツリしかアタリが出ず、午前9時に終了しました。やはり満潮の前後を釣らないと釣果は伸ばせないと痛感しました。