開進丸 様 投稿記事

12月10日やったね、2匹掛け
夜明け前の船着き場では、北東の風が吹いていた。

「今日も、風が吹いていますね」

この言葉が、朝の挨拶として定着した感がある。

「沖に出られると、良いですね」

周囲が明るくなって、船を出した。

やはり、裸バエ辺りに来ると、北東からのウネリが寄せている。

「昨日の時化が、残っていますね」

竹本さんと、ポイントを目指しながらも、ウネリが気になる。

潮は、緩い下り潮が、南東に流れている。

「潮の色は、そんなに悪い感じでは、ないですね。」

竹本さんに、竿だしを勧める。

「ベイトは、底べったりですね」

根魚狙いに切り替えて、シャクリを繰り返す。

二流し目に入ると、浮き上がったベイト反応が出てきた。

しかし、ベイト反応の中では、なかなかアタリが出ない。

三流し目に入っても、なかなかアタリが出てこない。

ベイト反応が消え、諦め掛けたときにアタリが来た。

「バタバタと暴れますね。鯖ですかね」

やり取りを見ていると、時折真下に突っ込みを見せながら、竿先をバタバタと叩いている。

海中を見ていると、やがて獲物の姿が見えてきた。

「カンパチです。ダブルでヒットしてますね」

カンパチのダブルフッキング。

「鯖かと思った」と、竹本さんの笑顔が朝日に輝く。

次の流しでは、重々しいアタリが来た。

「引かないです。でも、思いですね」

「根魚ですかね」

「ハタが来れば嬉しいですね」

その獲物が、海面に姿を見せた。

2キロ超のオオモンハタが、上がってきた。

オオモンハタの2キロ越えは、久し振りのような気がする。

一方で、北東の風が、徐々に強くなってきている。

海上には、あちらこちらで、白波が立ち始めている。

「長くは、やれないかな」

時折、船を大きく揺らす波が、寄せてくる。

海の状況が厳しくなる前に、ポイントを移動してみる。

「ベイトは、底べったりですね」

海底付近を狙って、ジグをしゃくる。

「何か来ました」

ヒット直後の走りは、竿を大きく曲げている。

「ニベかも知れませんね」

予想通り、上がってきたのは2キロクラスのニベだった。

ポツポツと釣果が出ているが、北東の風が益々強くなっている。

「安全第一で、潟近くに移動しましょう」

何処も、北東の風は吹き寄せてくる。

風を気にしながら、竿を出す。

アタリがあって、合わせと同時に相手が走った。

ラインが引き出されるアタリに、”大物”の期待が膨らむ。

「大ニベかな」

重量感有る走りに、想像が膨らむが…。

上がってきたのは、70センチ超のイトヒキアジだった。

「ちょっと、がっかりですね」

直ぐに針を外して、海に帰す。

この直後に、仲間から連絡が来た。

「風が、益々強くなってきたね。これ以上は、無理かな」

ウネリも、段々と高くなってきている。

「安全第一で、帰りますか」

竹本さんと話して、帰港することにした。