開進丸 様 投稿記事

12月9日出船は、昼前から
出船は午前11時過ぎと、朝がゆっくりしている。

昨日の北東の強風が、まだ残っているかが気になる。

先に出ていた仲間からは、午前中の北東の風が強かったと連絡を受けた。

ポイントに向かう途中の海上は、北東からのウネリが残っていた。

ピント合わせがイマイチだが、ハリセンボンの子供に、コバンザメの子供が張り付いている。

ハリセンボンに張り付くコバンザメを、初めて見た。

三木さんを乗せて、ポイントに向かう。

潮は下り潮が、1.3ノット前後で流れている。

風も北東の風が、潮と同じ南西方向に吹いている。

気になったのは、ベイト反応が余りに少ない事。

船を走らせながら魚探に目をやるが、なかなか出てこない。

根気よく探していると、ベイトボールが出てきた。

ここなら、チャンスが有るかも知れない。

三木さんに、竿出しを勧める。

釣り初めて直ぐに「下潮が動いていない気がする」と、潮の違和感を感じている。

そんな中にも、ジグにアタリが来るが、リーダーを切られる。

「サワラかも知れませんね」

針が延ばされる、アタリもあった。

「なかなか取れないな」

悔しそうな三木さんだ。

ポイントを変えると、いきなりのアタリが来た。

「余り引きませんけど、鰺かも知れない」

三木さんの予想通り、35センチ超の真鰺が上がってきた。

真鰺の2匹目も、直ぐに来た。

「取り敢えず、ボーズは回避しました」

真鰺がヒットした後、青物らしいアタリは出なくなった。

「ロックフィッシュ行きますか」

「行きたいです」

水深15メートル位の、浅場に移動する。

移動して、直ぐにアタリが来た。

キロ近い良型のアカハタが、揚がってきた。

アカハタのアタリは、ポツポツと出てくる。

中には、小さい物もいるが、それは、直ぐに海に帰す。

海底の岩場を、丁寧に探っていく。

すると、アカハタがヒットしてくる。

これも良型だ。

夕間詰めになって、少しだけ魚のやる気が出てきたかも…。

しかし、この時期の夕暮れは早い。

アカハタを、1枚追加して帰路に就いた。