なっち@週末釣り人 様 投稿記事

いつもお世話になっている「(リトル)seven」船で、明るくなり始めるともに玄界灘へ出船です。

船長からは「今回は午前中上げ潮で、午後から天気が崩れるから地獄だよー」と脅されておりました。

2週間前の釣行ではナブラだらけでサゴシがよく釣れましたが、今回は少し波が立っていてナブラを確認出来ません。とりあえずマゴチを大量に釣ったポイントへ行く事に。

ポイントに到着し、セブンスライド40gゴールドでタイラバを開始してみるも、船長の読み通りアタリが全くありません・・

Xtrada(ルミカ)の名作「プニイカ」を使用したインチクを使ってみたり、Xtrada(ルミカ)の新製品タイラバ「プニラバ」にちもとホタルを付けてみたり(画像2)するも反応無し・・・

同船者が小型の真鯛や型の良いマゴチをポツポツと釣り上げているのを横目に、セブンスライド60gゴールドでようやく50cm程度のマゴチを1匹ゲットしました。

お昼になって潮も下げに入った頃、気分転換に超デッドスロー(このポイントでは速巻きが基本)で巻いてみると立て続けにマゴチがヒット!

特に2匹目のマゴチはかなり型が良かったんですが、焦ってラインを掴んで上げようとすると「ブチッ」と16lbのリーダーが切れてしまいました・・

急いでセブンスライド60gゴールドを装着して投入し、着底とともに超デッドスローで巻き上げると3回転目でガツンとヒット!

ヒキがものすごく強く、かなり重たいです!

あんまりドラグを出されまくるので同船者からは青物疑惑を掛けられますが、経験豊富な船長からは「デカい鯛やろ!!」と期待の一言!

長い時間やり取りをしてようやく魚影が見えた時にまず感じたのが「デカい!気持ち悪いw」

その真っ赤な魚体が無事にタモに入って記念撮影!

自己ベストサイズの真鯛で、最高の釣行となりました。

家に帰って計測してみると、75cmの5.5kgでした。