開進丸 様 投稿記事

11月13日ニベとサワラの海
週末に向けて、天気が崩れる予報になっている。

今日も夕方から夜に掛けて、雨が心配される。

風も、午後からは南西の風が吹く予報。

大きく時化ることは無いだろうが、少し気になっている。

朝間詰めは、北西の風がやや強く吹いている。

風に押されるように、船は南東方向に流されていく。

やや強い北西の風の影響もあるのか、船の流速は1ノット前後になっている。

ポイントに入り、三木さん、小牧さん、野崎さんに竿出しを勧める。

「ベイト反応は、思うほど出ていませんが、海底にへばり付いています」

魚探を見ていると、時折、小さなベイトボールが出てくる。

このベイトボールと、仕掛けが上手く合えば、アタリは出てくると思っている。

最初のアタリは、三木さんに来た。

サワラが、上がってきた。

最近は、このサワラが多く、仕掛けのホール中にヒットしてくる。

中には、1メートルに迫る物もいる。

「サワラの海」と、言っても良いくらいの多さに感じる。

今度は、野崎さんにアタリが来た。

2キロ超の、真鯛が上がってきた。

今年は、真鯛のアタリが少ないだけに嬉しい。

野崎さんに、アタリが続く。

2キロクラスのカンパチが、上がってきた。

「やっぱり、カンパチの引きは強いですね」と、感心した様子。

やり取りの途中の、ドラッグ音が気持ち良い。

2キロクラスの、ニベもヒットしてきた。

海底付近を丁寧に探る釣りのスタイルが、色々な釣果を呼んでいる気がする。

三木さんにヒットしてきたのは、イトヨリダイ。

次に移動したポイントでは、ニベが連発。

三木さん、小牧さん、野崎さんに、2キロクラスのニベが連発してくる。

「ニベは、もう良いかな」

と、次のポイントへと移動する。

サワラの多くて「サワラの海」かなと思っていたが、「ニベとサワラの海」が正しいかも。

次に入ったポイントでは、30センチ~35センチの真鰺がヒットしてきた。

ベイト反応を見つけて、仕掛けを入れると真鰺の群だった。

この真鰺を生き餌に青物を狙うが、真鰺が大き過ぎるのか、アタリが出ない。

何とかして、アタリを取りたいと考えているが、思うようには行かない。

干潮の潮止まり前には、面白いナブラが沸いた。

シーラとサワラが、入り交じったナブラだ。

船の周りで、バシャバシャしている。

三木さん、小牧さん、野崎さんが直ぐにキャスティングする。

シーラがヒットすると、強烈に走り、ジャンプする。

サワラは、真下に突っ込むように疾走する。

「楽しい!」

三人で、群れの中に小型のジグを投げ込む。

直ぐにヒットして、スリリングなやり取りを楽しむ。

この時期の、シーラの群れも珍しい気がする。

ジギングでは、サワラに仕掛けを切られる事が多い。

もう暫くは、この大型のサワラと対峙しなくてはいけないかも。

納竿時には、クーラーも重たくなっていた。