開進丸 様 投稿記事

11月3日賑やかに楽しく
釣りをしていて、その仲間とからかったり、からかわれたり。

気持ちの通った釣り友との、楽しい時間だ。

一匹の釣果が、その場を大いに盛り上げる。

沖合を走りながら「潮の色が良いですね」

「釣れると良いですね」

「大きな青物が釣りたいですね」と、話が弾む。

ポイントに入り、直ぐにベイト反応が出てきた。

「良い感じの、ベイト反応があるよ。頑張りましょう」

岡本さん、宮田さん、辻さんがバタバタと竿を出す。

潮は、良い感じの上り潮が、1ノット前後で流れている。

「潮が活きていますよ」

宮田さんに、直ぐにアタリが来た。

船首では、辻さんにもアタリが来た。

「おおっ、引きますね」

と、辻さんが楽しそうだ。

宮田さんは「青物では無い気がします」と、冷静に判断。

どちらも、80センチを超す良型のサワラだ。

ダブルヒットで、良いスタートになった。

宮田さんに、次のアタリが来た。

海底付近のベイト反応が、蛇行している。

ベイトが、何かに追われているのだろう。

海面に、カンパチ(ネリゴ)が姿を見せた。

2キロ近い、良型のネリゴだ。

宮田さんは、絶好調。

次の当たりも、見事にとらえる。

「今度は、根魚みたいです」

スムースに、獲物が上がってくる。

青ハタだった。

「黄色いけど。青ハタだよ」

久し振りの、青ハタだ。

ポイントを変える。

古い魚礁があるポイント。

此処にも、ベイト反応がある。

「ベイト反応が凄いですよ」と、声かけする。

岡本さんに、アタリが来た。

ドラッグ音が鳴る。

「青物か…」期待して、海中に目をやる。

「見えた。イトヒキアジだ」

でかいイトヒキアジが、上がってきた。

みんなで「ジーティーだ」と、大笑い。

辻さんにも、同時にアタリが来た。

こちらは、ネリゴだった。

「嬉しいですね」と、笑顔が良い。

宮田さんには、サゴシが来た。

「リーダーを切られんで良かった」

と、ホッとした表情。

ポツポツと、バイトがあるのだが、乗りが悪い。

そんな中で、辻さんが竿を曲げた。

ゆっくりと、ラインを巻き上げる。

みんなで「何が来た」と、竿裁きを見ながら期待感が膨らむ。

ヤズが上がってきた。

「もう少し大きかったら、ハマチやね」

と、みんなで評価して会話が弾む。

海も穏やか、風も北東の風が弱い。

絶好の釣り日和になった。