開進丸 様 投稿記事

2月10日内場に行きましょう
我々が出船準備をしていた時、先に船を出した仲間から連絡が来た。

「沖の赤灯台の所に来たら、凄い波になっているよ。風も強いし、表は出られんど」

沖は時化ているとの連絡だった。

直ぐに船着き場を離れて、沖の赤灯台の所に行ってみた。

連絡通り、凄い波が寄せている。

大島北側の岩場には、高い波飛沫が立っている。

「これは表は無理ですね。内場に行きましょう」

シゲちゃん、ジュンちゃん、クリさんと共に、安全第一で内場へと向かう。

北東の風が強く吹いている分、大島を回り込む風が強いだろうと推測できる。

内場には、既に何隻かの船が来ていた。

先着の船の、邪魔にならない所に入る。

海面から海底までベイト反応が広がっているが、海底から少し浮いたところにベイトの固まりが出ている。

「ここから、やってみましょう」

強い北よりの風を正面に受けながら、釣りを開始する。

最初のアタリは、ジュンちゃんに来た。

「来ましたよ」

最初のアタリは、元気に繋がる。

しかし、風の影響も有るのだろうか、途中で外れてしまった。

その直ぐ後に、今度はクリさんにアタリが来た。

上がってきたのは、ガンゾウヒラメ。

「まずまずの大きさですね」

シゲちゃんが、コメント付きでしっかりとカメラに納める。

二流し目に入る。

ジュンちゃんに強いアタリが来た。

「ヤッタね。来たね」

シゲちゃんも大喜びしている。

クリさんにも、強いアタリが来た。

ほぼ同時の、ダブルヒットになった。

どちらのアタリも、ドラッグ音が鳴りラインが引き出される。

ライトタックルで、その引きを楽しむジュンちゃん。

落ち着いて、ゆっくりと楽しむクリさん。

やがて、二人の獲物が姿を見せた。

クリさんのニベが88センチ、ジュンちゃんのニベが77センチと、どちらも良型だ。

「真鯛かと思いましたけど、良型のニベでした」

しっかりと血抜きをして、クーラーの水氷の中に納める。

三流し目に入る。

クリさんにアタリが来た。

又しても、ガンゾウヒラメだった。

船尾の方では、シゲちゃんにアタリが来ている。

ジュンちゃんが楽しそうに、カメラを回している。

「いつも通り、予定通りのエソでした」と、シゲちゃんもジュンちゃんも大笑い。

この頃になると、北東の風が益々勢いが増してきた。

「ロックフィッシュに行きますか」

ジュンちゃんの要望もあり、少しでも風の当たらない大島寄りにポイントを移す。

しかし、最近の水温の低下も影響しているのか、なかなかアタリが出ない。

漸く、ジュンちゃんにアタリが来た。

良型のアカハタが、上がってきた。

粘っての一匹は、やはり嬉しい。

今度は、シゲちゃんにアタリが来た。

アラカブが、上がってきた。

「根魚のアタリは、直に来るから楽しいよね」と、笑顔が広がる。

しかし、強い北東の風に翻弄されて、帰る船も出てきた。

風も治まる気配はないし、水温は低くて潮の動きが悪い「釣りの三重苦」の苦戦中。

我々も、昼過ぎに納竿とした。