2022/05/22 UP

フィールドスタッフ 小西 栄里子氏の釣果レポート『マキマキで狙うレイクフィッシング』を掲載いたしました

湖 マキマキで狙うレイクフィッシング

今年も岐阜県にある湖へ、サクラマス調査に行ってきました!
まだ少し雪代が混じっている影響なのか、魚の活性は高くなく、幾度となくキャストするも思ったような反応は得られず…。

時間も限られていたので、なんとか魚の姿を見たいと狙うレンジをボトム付近に変更し、ジャックアイマキマキを投入すると、なんと1投目で着底から巻き始めてすぐにゴゴンッとアタリが!
すかさずフッキングし、上がってきたのはコンディション抜群のニゴイ〜!本命のサクラマスではありませんでしたが、魚の姿を見られてホッとしました。

ジャックアイマキマキはソルト用のルアーですが、湖のように水深のあるフィールドでは淡水でも十分通用するルアーだということが分かる、嬉しいヒットとなりました♪
少し濁り気味だったので、ケイムラアカミドキンの濃いシルエットがボトムにいるニゴイに効いたのかもしれません。

ボトム付近をスロースピードのただ巻きや、ボトムバンプなど、スプーンと同じような釣り方で狙えますので、気になった方はぜひ淡水でも試してみてくださいね!

使用製品

使用タックル

ロッド: Trapara 762ML

リール: TWIN POWER 2500HGS

ライン: PEライン:SIGLON PE×8(0.8号),リーダー:EGI LEADER(8lb)/SUNLINE

釣行日 2022.04.19
時間帯 午後
天気 晴れ
気温 18 ℃
水質 やや濁り