フィッシングマックス芦屋店 様 投稿記事

昨日の午後、兵庫突堤でエビ撒きズボ釣りしてみました。
今回の持ち時間は午後3時半から5時。
風が強かった為、ポイントDが空いてました。
底撒きボールでポイントを作ってから、シラサ底カゴを仕掛けにセットして打ち返していきます。
タナは底に固定しました。
この時期の最強のマキエワークだと思うんですけどねえ。
当たりません。
 
午後5時ちょうどにシラサエビを使い切りまして、飛び出すエビ元気の水も捨てて帰り支度をしていました。
ちょうど活性が上がる時間なので、竿はそのままにして最後にかたずける作戦です。
竿先を見ながらイスをしまっていますと小さな当たりのような、風のいたずらのような・・・
またイスを出しまして、竿先を凝視していますと、今度ははっきりと「小さな当たり」が出ました。
すかさず合わせましたが乗りません。
こうなると何とか1匹という気持ちになります。
 
エビ元気の中に死んでるエビが1匹を見つけて投入。
こんな時の人間の集中力というものは神ががり的なものがあります。
竿先が1cm突っ込む瞬間をとらえました。
確かに乗った!
と思ったのに軽いです。
上がってきたのは素針と間違うほどのマイクロなガシラでした。
これはなかなか乗らないはずです。
最後のエサで絵に書いたような落ちがつきましたので、本気でかたづけようと思ったのですが、足元にもう1匹死んでるシラサエビを発見。
 
これは大きな当たりがでましたわ。
魚はマイクロからミニにサイズアップしたガシラ。
10cmちょいでした。
なんともいえない満足感がこみ上げてきました。
やはり時合は午後5時からですね。
5時からはまた岩崎にバトンタッチです。
また爆釣になるのかな?
 スタッフ ありい