フィッシングマックス 神戸ハーバー店 様 投稿記事

昨日夕方、兵庫突堤の様子を見に行きました。
 
午後2時半~4時。
この時間は厳しいことは分っていますが、キワキワサビキなら何とかなることがあります。
 
キワキワサビキでも、もう一段階食いをよくするために、カゴ天秤にして下針を付けました。
カゴ天秤の上にはキワキワサビキ仕掛け、下にはハリス50cmの1本針。
今回サシエは石ゴカイを使いました。
キワカゴ天秤サビキ」という最強の仕掛けです。
 
ポイントはEの中央。
これで魚に少しでも食う気があれば当たるはずです。
 
が、1時間経過しても当たりません。
そしてアミエビ1k分を消化したころに、やっとコツンと当たりました。
が、食い込んでくれませんでした。
 
午後4時過ぎ、岩崎が竿を持ってやってきましたので交代。
何だかその後は、エビ撒きズボ釣りで入れ食いになったらしいです。
(かなり悔しい)
 
ちょうど私が釣りをしている時間に裏側のBで大ダコが釣れていました。
1. 5kと2.0kというビッグサイズです。
この釣り人さんはヤマシタのタコエギを使われていましたが、ササメのタコエギジャックはサンマの切り身などのエサを背中に巻きつける設計になっていますので、こちらもおススメです。
 
後で岩崎が爆釣情報を書いてくれると思います。
メチャクチャ楽しかったみたいですよ。
 
スタッフ ありい