しろいたち 様 投稿記事

お昼過ぎ、サビキ釣りにいってきました。

カゴにエサを入れ、投入すると、魚がよってくる。タナゴやミニセイゴ、コッパグレ、カワハギ等がエサを拾っている。そして、アジの姿も。

釣れました!アジ!なかなかのサイズ。そしてなかなか引きますよ!大きいものは20㎝ほど。さすがにまっ昼間、ポンポンとは釣れませんが、忘れた頃にポツポツと釣れます。でも、アジが途切れるとミニセイゴやミニガッシー等が遊んでくれます。

そして、夕方になって、そろそろ忙しくなるかなー?と思っていたらカゴが底にかかり紛失。いいや、針は3本ほどあるしこれにオキアミを付けてポチャン!

と明らかにサビキの時より、食いつきそうな感じでよってきて、エサをつつくがまだまだ警戒しているよう。ならばとサビキは取ってハリス1.5号にチヌバリ1号をつけて、沈める。待つこと少々。竿にコンコンご挨拶。何度か繰り返したが掛からないので、ウキをセット。

海の底では30㎝ぐらいのグレ等もちらほら。あいつ釣りたいなぁ。でも釣れんやろう。

ウキを付けると解りやすく。サビキには負けますが、アジは釣れるし、ミニゴンズイや、ミニチヌ等も。そして、ウキが沈み竿を上げると、重い!やったあの30㎝ほどのグレが掛かったか?ぐらいの引きだ!巻きあげてくると、姿が見えたのは30㎝ほどのチヌでした。しかし惜しくも針はずれ!

そして、ポツポツアジを釣り上げ、最後のエサで、アジを釣り上げ終了。