ゆう 様 投稿記事

明石港でウキ釣りのタチウオ狙いが熱い!
ということで嫁さん釣れて行ってきました。

大潮、AM1時、潮止まりスタート!
寒いです。息が白いです。
関東では11月中旬から下旬並みの気温にまで下がったとか。

さて、1本目の竿投入後、2本めの竿準備中に、ウキが沈みます。
幸先のいいスタート。
2本めの竿準備中で忙しいので、嫁に「釣っといてー」と声をかけますが、
合わせたとたん、「お。。。重い!!」と一言。

いきなりドラゴンキター!!と思ったのですが、
引かない、根掛かり!?
いや、しばらくするとまた引きます。それも大きく引きます。

なんとか足元まで寄せてもらい、道糸を掴んで引っこ抜くと。。。
なんと出てきたのが、60cmオーバーのまるまる太った「アナゴ」でした。

いきなり満足。

いやいやタチウオ!
ということで、続いてタチウオを狙いますが、結構渋め。
あたりはポツポツでて釣れ続けるのですが、2日前の爆釣!という感じではなく、
10分~30分に1回あたり、という感じ。さらに4時を過ぎるとそれもなくなり、
1時間以上沈黙。

結構数は釣れたのですが、タチウオは不完全燃焼。
魚がいなかったのか!?

しかし、デカアナゴを釣ることができて、かなりの満足釣行でした。