海峡亭 様 投稿記事

どんどん渋くなっているアオリイカを狙いに大蔵海岸へ。
朝5時半に現地に着くと青物狙いの人で一杯。

なんとかすき間を見つけてエギを投げ出す。
アタリも無ければイカの姿も見えない時間が続くが
ポイントを移動しようにも場所がない。

イカの回遊を待って粘っていると1時間後に
ようやく胴長14cmが釣れた。

次の1杯はその30分後。
こちらは胴長16cmと小ましなサイズで、
乗った時の重みと引きを楽しめた。