ナナマル 様 投稿記事

秋シーズン初のフカセ釣りにて九十九湾まで遠征
雨後で水温下がって餌取りがあまりいないことを期待するも、なかなかそうはいかぬもので、マキエを撒くとスズメダイ、カワハギ、サンバソウの大群
ポイントは足下から5〜7m程、手前のブレイクで10m以上と割りと深め
日の出と同じタイミングで下げ潮が効く感じだったので、手前に餌取り用のマキエを打ちつつ、グレZF180に軽めの仕掛けで沖目で流してみることに
チヌよりグレの活性が高かったらしく足の裏サイズのグレが連発して、迎えた下げ止まりのタイミング
潮が止まったので、重めの仕掛けでボトム狙いに切り替えようかと考えているとウキを抑え込んでいくチヌアタリ
トップが完全に消し込むまで待って合わせると、40オーバー確実の重量感で極翔1号が気持ち良く弧を描きました
その後は、ボトム狙いでもう1枚追加
初戦にしてはまずまずの釣果でした