眩影 様 投稿記事

前夜、マリーナシティで一応本命のタチウオはゲットしたものの後半ダメダメ
でな~んか消化不良だったので、ストレス解消に武庫川尻へサヨリ釣りに行って
きました。9時半に現場着、朝イチの人はほとんど帰った後のようですが、結構
日差し強い中10人近くががんばったはります。丁度帰るところだったおじさんが
「ここよう釣れるで、ワシ帰るさかい入り。」と声をかけてくださって、マキエ
のよ~く利いたポイントに入れてもらえました。

アミエビを詰めた仕掛けを投入すると、仕掛けの周りにザワザワと小さな波が
無数に立ちます。それが全部サヨリ!ウキが頻繁にピピッ!と走りますが魚が小
さくてなかなか掛かりません。それでも、1回投入すると仕掛けが手前に来るま
でに10回以上アタるので、ほぼ毎投釣れます。横から見てると入れ食いですが、
釣ってる本人はアタリがあるのに掛からなくて意地になってきます、これがまた
面白い!

このような状態ですので、サシエは餌持ちのよい石ゴカイか赤染めイカを3mm
角ぐらいに切ったのがオススメ。オキアミは大型狙いにはいいですが、小型が沸
きまくってる時は瞬殺されますのでダメ。針はサヨリ針なら3号以下、私は競技
用キスの6号を使います。この針は吸い込みがよく、ヒネリが入っているので向
こうアワセでよく掛かり、さらに長軸なので針外しが楽で手返しが良いです。サ
ヨリの口は硬く針がすぐナマりますので、掛かりが悪いなと思ったらすぐに新し
い針に交換しましょう。

なお、遠投しなくても釣れますので遠投しないほうがいいです。近投のほうが
マキエを効かせやすくバラシも少なくなるので効率的です。最大のコツは、ウキ
の周りに断続的に引き波が立つぐらいのデッドスローで引いて釣ること。サヨリ
は水面の波紋を見て餌を探すので引き波を立てると寄ってきますし、引いていれ
ば向こうアワセで掛かります。

あまりの暑さに11時半にもう限界と納竿。最終、2時間で38尾釣れました。写
真の一番大きいので22cmでしたから小さいのはホントのエンピツですが、むしろ
ウェルカム!何故なら、エンピツサヨリはタチウオのウキ釣り用の冷凍ストック
餌に最高なのです。キビナゴを自家冷凍して解凍すると身が茶色く変色して目が
濁り、腹が破れて食いが極端に落ちますが、サヨリは身がシッカリしているので
冷凍しても劣化しにくく、食い込みを待つ間にボロボロになって餌落ちすること
も少ないです。当然、あの長~い頭は落として使います。15cmぐらいのサヨリの
頭を落とすと丁度大きめのキビナゴのサイズになります。20cmぐらいのなら、半
分に切って使います。海上釣堀でも使えますよ、お試しあれ(^^)。

それにしても、めちゃくちゃ暑いです!武庫川は南北に流れているので、この
左岸のポイントでは午前中は後ろからガンガンの直射日光で後頭部がチリチリし
ます。釣行される方はくれぐれも熱中症対策は万全に。