ゆう 様 投稿記事

今回はサンマだけでなく、キビナゴも持って行きました。
最近の当たりの渋さを調査してみました。

結果、キビナゴではほとんどかじられるだけで終わり。
食いつくまでいきません。
そこそこあたりはあります。
でも釣れない。

キビナゴすら大きいみたいです。

チヌ針5号では小型のアナゴが釣れない時に似ています。

少し小さめのサンマの切り身に変更。
やはりあたりはありますが、引きません。
ただ、キビナゴと違うのは、皮が固いせいか、
何度も何度もアタックをしてきます。

タチウオ本人も釣られてることに気づいてないのか、
そのうち、ウキが右へ左へタチウオの散歩状態。
タチウオはこんなにウロウロするのか、と生態を見るようで面白いですね。

ようやく上がってきたのはやはりサンマサイズのタッチー。
リリースし続けますが、針まで飲んでしまったタッチーは仕方なくキープ。
こんなに小さなタチウオは、3枚に下ろすのも面倒くさいので、骨ごとぶつ切りで唐揚げにします。
それでも骨が硬ければ南蛮漬けにすればおいしく頂けます。

でも、できるだけリリースして、大きくなってから帰ってきてほしいですね。

しかし、最近はやはり渋いです。
台風10号がくるまでは良かったのですが。

はやく、大型の群れが入ってきてほしいですね。