かえりゅ 様 投稿記事

行野浦港の北側の堤防。6時頃釣り開始。朝から沢山釣り人が入っています。
テトラ側に胴付き仕掛けを入れておき、しばらくすると微妙なアタリでカサゴが釣れました。一時間後、今度はさっきより大きめのアタリ。少しサイズアップしたカサゴでした。
胴付きと並行して、堤防反対側の内側で探り釣り。内側は沢山の小魚が見えます。青いスズメダイのような魚や熱帯魚の様な魚もちらりと見えます。小魚をある程度確保出来たら飲ませ釣りをしようと思っていたので、探り釣りから手竿に変更。べラばかりかかりうんざりしますが、オオスジイシモチとネンブツダイを確保出来たので、胴付き仕掛けを飲ませ釣りに変更。
堤防外側から仕掛けを入れ、後からエレベーター式でオオスジイシモチを投入。
しかし、待っても待っても何のめぼしい変化もなく、あるのはオオスジイシモチが泳ぎ回る魚信のみ。結局、飲ませ釣りでは何も釣れず、11時頃納竿。