アオリエギンガー

水温はかなり低く15℃代。

少しでもと水温が安定している深場のポイントを選択し、潮の動くタイミングに集中してなんとか2杯キャッチ。

潮は澄んでいたので、餌木はピンク布をチョイス。

Kupはフルキャストからボトムまで沈めステイを長めに取り、ショートピッチジャークで誘いフォールの2セット目後のテンションフォールで明確なアタリでした。

水温が低いからか全然引いてくれませんでした。。

もう1杯は少し時間が空いてから潮目に向かってフルキャスト。

中層付近まで沈めしゃくり始めようと竿を煽ると違和感。
重みを感じ生命感が伝わったのでそのまま回収すると、なんとエンペラにカンナが掛かっていました。

こんな掛かり方は初めてでした。

初キロアップも釣れてくれて初づくしの楽しい釣行になりました。