アオリエギンガー

水温は場所により20度ですが、シャロー帯は1〜2℃低いイメージですが、まだまだ高活性な個体がいるのではと釣行したら目標の3杯はなんとかキャッチ。

1杯目はシャローワンドの中層をサビいていると持ってくアタリ。

合わせると乗ってくれました。

2杯目はフルキャストからボトム付近まで沈め、スロージャークで誘うとその後のテンションフォールで抱いてくれました。

3杯目はフルキャストから中層付近をサビいてると持ってくアタリ。

合わせると乗ってくれました。

この時期は夜の方が日中より潮が動くので、タイミング次第では日中よりかなり釣りやすいイメージです。

高活性な個体の前にエギを通せれば高確率で釣れると思います。

陸は寒さが厳しくなってきましたが、水中はまだまだ秋。

楽しんで行きたいと思います。