ブレンド珈琲

西の風が吹き荒れるなか、風裏を探し生乃周辺で日の出前からポイントへ。
爆風のためかほとんど人がおらずベイトを確認しに行くも全く分からず。

山の奥から太陽が出てきたタイミングでそこらじゅうでクルクルイワシが発生。
ミサゴも空で旋回し、どこからともかく鵜も登場。
ボイル祭り、クルクルイワシ祭り突入。
ボイルめがけてIP-26を表層早巻きするも反応無し。
ベイトの下でストップ&ゴーをすると直ぐ様ヒット。
叩くような引きで一瞬青物と勘違いするくらい元気なシーバスでした。

その後はひたすらクルクルイワシ祭りでしたが、釣れず本日終了

カタクチイワシの群れについているシーバス達は60~75クラスの群れが常にカタクチイワシと共に回遊していました。

確認できたベイトはカタクチイワシ3~5㎝、サヨリ10~15㎝、たまにマイワシ12㎝前後