アオリエギンガー

澄潮で風もうねりも気にならず、海況は良好でしたので、釣行して来ました。

水温低下が気になりましたが、なんとか3杯キャッチ。

低活性ながらも、水温やタイミング次第では足を使ってくれるイメージでした。

1杯目はフルキャストから表層付近を探ると、テンションフォール中に抱いてくれました。

2杯目はフルキャストからボトム付近まで沈めショートピッチジャークで誘うとその後のテンションフォールで抱いてくれました。

3杯目はフルキャストからボトム付近まで沈めショートピッチジャークで誘うと足元付近で抱いてくれました。

回遊以外はボトムについている居つきの個体をとっていくイメージでしたが、タイミングさえあればまだまだ楽しめそうです。