oidon kisu

10月13日(水)釣友Oさんが播磨新島に来られると聞いていたので、9時に到着し波止先端に向かいました。

波止南向けは何時もの如くルアーの方が多く先端には飲ませの方が数人居られました。

早朝は青物の活性が良かったと思いますが、私が到着した頃は、まったりした状態でした。

波止先端に着くと常連のキス釣り師さんは誰も居られませんが、ご夫婦が投げ釣りをされてましたので、キス釣果を聞くと今一のようです。

暫くしたら釣れ始めますよと声を掛けて横に入れて頂きました。

1投目を引き始めた時に釣友Nさんが来られて2人で釣り始めるもアタリが有りません。

小さなアタリが有り巻上げるとハゼが釣れるだけでキスのアタリが無く1時間以上経過した頃に10センチ程のキスが釣れました。

その頃に釣友Oさんが来られ3人で引き続けているとパラパラとキスが釣れ始め当日初のトリプルが有り、やっと時合いかと引き続けますが後が続きません。

その後も3人が引き続けパラパラと釣れるものの小型主体で忘れた頃に釣れる程度でした。

9時半頃に南向のルアーの方がツバスを釣られたので釣友Nさんは直ぐにキス仕掛をルアーに変えてキャストし1投目で見事なサゴシを釣られました。

ナブラの発生後、直ぐにキャストし1投目で釣られるとは流石でした。

更に北風(向かい風)で錘が飛ばない状態が続きラインもふけてキスのアタリを捉え難い状態が続き正午を過ぎても風は強いものの曇り空から日差しが出始めました。

今日は、午後から活性が上がりそうだと思いながら納竿しました。

隣のご夫婦も納竿されるようで釣果は2人で食べるだけは釣れたとの事でしたが、良ければキスを持って帰られますかと声を掛けて僅かな釣果ですが進呈させて頂きました。

ご主人は、近日中にリベンジに来ると言われてました。

当日は、強風での釣行でしたが、10月釣行1番の厳しさでした。

※詳しくは、ライブドアブログ「oidon kisu」をご覧下さい。