oidon kisu

10月11日(月)昼から天気が悪いようなので、8時から播磨新島に釣行しました。

当日も車が多く上手く帰る車の後に止める事が出来て波止に下りると大勢のルアーマンが南に向かって投げております。

波止先端に向かう間にも5名程の方がツバスとハマチクラスを釣られており多い方は5匹も波止上に置かれてました。

当日は可なりの活性でイワシを追いナブラの発生も多かったようです。

波止先端のキスポイントに着くと飲ませ釣りの方が多いので波止先端まで飲ませやルアーの方が居られます。

私は竿1本なので少し手前に入れて頂いて引き釣りを始めるとアタリが無く足元まで引いて来た時に小さなアタリを捉え17センチ程のキスが釣れました。

更に2投目も可なり手前でアタリが有り暫く止めていると再度アタリが有り20センチ程のキスがダブルで釣れました。

今日は活性が良いと思いながら引き続ける事、7投目まで4連含みアタリ続けました。

しかし8投目を巻いていると全くアタリが無く巻き上げると、何と錘の下30センチあたりのモトスからフグに切られてました。

この頃に播磨新島で良くお会いする方2名が来られ引き釣りを始められると1投目からダブルで釣り始められました。

更に、ダブル単発と快調に釣り続けられました。

私もフグに切られた仕掛けを取替えて引き続け目標20匹は既に達成しているので、のんびり昼まで探り続けてパラパラと釣れるキスは20センチ超の良型が混じり直近釣行で小型が多かったのですが当久しぶりに良型キスの強いアタリを楽しめました。

週末から気温も下がりそうなので、更なる良型キスに期待し納竿としました。

※詳しくは、ライブドアブログ「oidon kisu」をご覧下さい。