oidon kisu

10月9日(土)当日は、釣友Aさんが釣行しているとの事で9時半に自宅を出て土曜日で通勤ラッシュも無く10時前に播磨新島に到着しました。

波止に下りると内向けで釣友Mさんがカレイ狙いで釣行されてましたが、カレイは厳しいようです。

赤灯台先端に行くと何時も居られる常連さんが居られず、投げ釣り師は、釣友Aさんと赤灯台で時々お会いする近くの方だけでした。

近くの方は、3時半に来られたとの事で早朝はキスのアタリが無く明るくなってからアタリ始めたようで結構釣られたようです。

私がタックルの準備をしている最中にも釣友Aさんは素針無くキスを釣られてましたので、私も引き釣りを始めたものの全くアタリが有りません。

更に引き続けアタリを捉えても掛かりが悪く中々キスが掛かりません。

カレイ釣りをしていた釣友Mさんがカレイが釣れないので先端に移動して来てキス釣りを始めると投入の度にキスを釣られます。

11時頃に潮が動き始めキスがパラパラ釣れ始めましたが、サイズが小さい物が多く中々20センチ超のキスが釣れません。

その頃に地元の方に続き釣友Aさんが納竿され更に釣友Mさんも納竿されて入れ替りに釣友Nさんが来られ17時まで2人で引き続けました。

16時頃から赤灯台の周りには、常連のサビキ釣りの方が大勢来られ久しぶりにアジの活性が良く沢山釣られてました。

当日は、小型キスが多かったので掛かりも悪かったように感じました。

※詳しくは、ライブドアブログ「oidon kisu」をご覧下さい。