トラヤ

9月中旬から魚の活性が上がり始め、時合いになればどの漁港でも一投一匹ペースで釣れるように。

しかし、青森県太平洋側の特徴として、この時期はサバが非常に多くアジがやや釣りにくい状況です。

そんな中、今年は20cm超の産卵個体が接岸。

中層より下でしっかり見せてあげれば、モソっとした当たりが。

メスは掛ければずっしり重く、オスはショゴのように突っ込んで楽しませてくれます。

時合いが終われば港内内側で豆アジが釣れ、1時間ほどの短時間釣行でもジップロックMサイズをいっぱいにできました。

数がいるので、ジグヘッドは1.0〜1.5gと重めで早めに沈めてテンポ良く釣ると最高に気持ちいいです。