あじがつりたい。 様 投稿記事

昼の3時ぐらいからスタート。

いつも通りぶっこみ、胴突、ウキに青イソメをつけ、アジングの準備。

海を見てみるとゴミや茶色い泡のようなものが沢山浮いていて、大雨によって川から流れてきた汚れやゴミなどが溜まっているようでした。

すごく濁っていたので、今日は根魚などが沢山釣れるかもなあと少し期待をしました。

しばらくするとぶっこみにあたりが。
ガンガンガンと大きなあたりが続いていたので、慌てて合わせて巻くと、下に叩くような反応が。
大物かもしれない、とわくわくしながら巻いていると、途中でバレてしまい、エサだけが綺麗に取られていました。(セイゴかチヌあたりだと思います)

しばらくウキとアジングで遊んでいましたが、いつものサバがあまり居なく、胴突でチョイ投げで遊んでいるとハゼが5匹ほど釣れました。しかしどれも食べられるようなサイズではなかったのでオールリリース。

あっという間に夕方になり、日が落ちきる前ぐらいに、放置していた胴突のラインがたるんでいたので回収すると、まさかのアナゴがついていました。

今日はアナゴデーかな、とウキ釣りも胴突に変更して、1度全て回収してエサを新鮮なものに変え、竿先を見ながらアナゴを待機。最初に釣れてから10分ほどは反応がなかったのですが、日が完全に沈み、辺りが暗くなってからはアナゴ、アナゴ、アナゴ。2時間ほど連続攻撃を食らいました。

しばらくするとアナゴのあたりがパタリと止み、日付が変わる頃には釣れなくなってしまいました。

そろそろお開きかな、と名残惜しくアジングをしていると置き竿にしていた3つのうちの2つの竿にあたりが。
先に乗った方を回収して針を外していると、もう片方がチリリと鈴が鳴り響き慌てて回収。
回収している途中、これはアナゴじゃないかもしれない、と思って釣り上げてみるとまさかのガシラとアナゴのダブルヒット!

そんなことあるんかぁ?!と驚き、記念にと写真を撮るとみるみるうちにアナゴがぐるぐる攻撃を繰り出し、糸が体に絡んでしまいました。
解けそうにはなかったので小さい子でしたが〆て頂くことにしました。

そこからは1時間に5匹程のペースで釣れ続け、帰るタイミングを逃してしまい、夜が明けてしまいました。

地面の模様がしっかりと見えるぐらい辺りが明るくなると、もうアナゴは釣れなくなってしまいました。

代わりにサバが釣れ始め、最後にアジングならぬサバングでもして帰ろうと思い、夜はチャートカラーよりナチュラルカラーの方が反応が多かったのですが、朝になるとチャートカラーのほうが反応が多くなっていました。
何匹かサバを掛けましたが、全てオートリリース。

最後に感覚を味わえてよかったです。
アナゴも1ヶ月ぶりぐらいに釣れて、久々にちゃんと釣りを楽しむことが出来ました。