神戸海洋水産資源研究所 様 投稿記事

初投稿。

先月中国製ジグを大量に購入しており、蛍光塗料でのペイント作業がようやく終了。
テストを兼ねて約半年ぶりのアジュール舞子へ、激安タックルを携えAM.7:00よりエントリー。

開始後わずか10分、海草でも引っかけたかのような重い当たりがあり、回収してみると30cm程度のデカいシマフグのスレがかり(もちろんリリース)。
どうやら沸いているらしく、メインベランダ西端に陣取っていた方は、ウグイの飲ませでこれの60cm級の怪物を釣り上げられていた。

その後下げ潮に入り、魚の気配も無くなった午後2時頃、その後の上げ潮に備え80gの比較的重い蛍光ピンク色のジグを投げていたところフォールで突然ヒット。
またフグではないかと戦々恐々しついたが真横に走り出したことで青物と確信。
上げてみると50cm程度のハマチちゃんでした。

帰宅後早速さばいて胃袋を開けてみたところ、5cm程度のイワシがパンパンに詰まっていた。
何を思ってジグに食いついたのか、今後引き続き検証します。