何でも狙う大阪人 様 投稿記事

大阪から向かい、熊野手前のエサ店の店主の情報で、「鬼ヶ城より絶対に二木島へ」とのアドバイスをもらい二木島へ初めて行きました。
一応、鬼ヶ城も見ましたが向かい風があり釣り人も多いのでアドバイス通りに二木島へ。

到着したら帰り支度をしている方がいて釣況を聞くと「ヤエンだが昼前からも一切アタリ無し」だと。
少し先では深くなり 満潮時に7ヒロ 程度あるが、手前の捨て石や藻を考え2~3ヒロがいいとアドバイス有り。
そして、「ココは干潮にアタリあるよ!」と。

情報では有名ポイントで人気らしいけど、満月に近づく大潮の夕マヅメに1人しか居ませんでした。
お互い全くアタリないまま、そして誰もいなくなり。。。

何も反応がないまま6時間が過ぎた23:30頃、情報通り干潮になったタイミングで浮きが沈んでいました。!!
しかし、せっかくの初めてのアタリだったのに少し気づかずタイミングが遅れスッポ抜け。
ただ、アジの頭をかじられているので、すかさずそのまま同じ箇所へ。
予想通り、再度抱きついてきたので、思いっきり合わせを入れたら・・・
ズッシィ~~ンと根掛かりのような重みで、何度も締め込まれました。
足元でもジェット噴射するのでタモ入れに手間取りましたが、無事とり込み成功!
初めての2キロ超えのアオリイカは真夜中のことも有りちょっと怖かったです。
その後はまたアタリ無しでしたのでたった1回のアタリをものにできて良かったです。