OIDON 様 投稿記事

9月15日(火)子供達が休みで岡山へドライブに行くようなので、当日も播磨新島の様子を見に行く事にしました。

当日は、釣友のMさんが釣行しているとの事だったので、9時前に現地に着くと前日と違い車が少なく波止に降りても釣人が少なく感じながら波止先端に向かい波止先端に着くと釣友のMさんは、波止先端をキープして居ました。

手前には、キス釣り師のAさんも来て居られ更に手前にも釣友のHさんも久しぶりに釣行されてました。

釣果を聞くと、やはり昨日と同様にチャリコ、ハゼが多くキスの口に中々餌が届かないようです。

ベテランのMさんも同様に朝から数匹キスが釣れただけとの事でしたが、潮はこれから昼に掛けて動き出す事を期待しながら私もタックルの準備をして引き釣りを始めました。

10時を過ぎた頃にチャリコとハゼのアタリが少なくなりキスが釣れました。

その後は、潮が動き始めダブルでトリプルと釣れ始めますが、アタリは続きません。

しかしながらキスの明確なアタリは出始めたので慎重に合わせを入れ10時半頃に本日初の良型キス23センチが釣れました。

釣友のMさんも良型キスが釣れ始めて更に潮が動き付ける中でダブル、トリプルでもキスが釣れ続けました。

しかしアタリは長く続く事無く再度、チャリコ、ハゼに変わってしまいました。

その後もピークは無いものの納竿13時半までパラパラキスが釣れ納竿前に釣友のMさんの釣れたキスにヒラメが食い付いたようで玉を用意しましたが、残念ながら姿を確認するまでにハリスが切れてしまいました。

更に私の釣れたキスにもヒラメらしきものが食い付き1発でハリスを切られてしまいました。

播磨新島は、今後ブリやヒラメ、ハマチが釣れ始めるのでキス釣り師も玉を用意しておく必要が有ります。

※詳しくは、ライブドアブログ「OIDONの釣行記」をご覧下さい。

http://oidonkisu.livedoor.blog/