OIDON 様 投稿記事

7月23日(土)は、今シーズン2回目となる津居山漁港へ釣り倶楽部会長と釣行しました。
連日猛暑が続いており天気予報によると23日の豊岡は、熱中症指数が厳重警戒と発表されていたので自宅を少し早く午後11時に出発し夜釣りでキスを狙い気温が上昇する頃には納竿する予定です。
津居山漁港には、2時に到着し釣座を大橋付近と決め早々に引き釣りでスを探り始めました。
しかしキスの反応はなく餌の石ゴカイはそのまま上がってきます。
会長は15センチ程度のキスを2匹釣りましたが私は全くアタリがありません。
釣り始めの2時頃は、南の風が適度にあり全く暑さを感じない快適な状況でしたが、3時頃には少し寒く感じる程になったので4時半頃まで車中で休もうと思った時に私の竿にコッとアタリがあり数秒止めるとブルブルと反応がありキスの掛かりを確認し巻上げ始めるとアタリがゴンゴンと竿先に伝わってきます。
テーパーラインまで巻上げ暗い海面に白いキスを確認し海面から出た瞬間に針が外れてしまい良型キスに逃げられてしまいました。
強烈なアタリだったので、もしかしたら尺ギスだったかもと思うと残念でたまりませんでした。
その後、車中で30分程度休んで4時半頃から会長は製氷所前で私は波止先端でキスを探る事にしました。
明るくなり始めると淡路と同じくバッチサイズのチャリコとヒイラギのアタリが出始めてキスのアタリが全くありません。
会長は、動かないと言う事なので、私は対岸、大橋付近、岸壁で引き釣り可能な場所と移動を続けました。

しかし、良型キスは全く釣れず10時には無風となり強烈な暑さで納竿としました。

会長は、製氷場前で粘り24センチ最大で30匹程度の釣果でした。

今回の釣行は、ヒイラギの活性が高く中々キスの口に餌が届かないように感じました。

しかし2時間程度でしたが、夜釣りで快適な引き釣りが出来たのは最高でした。