OIDON 様 投稿記事

9月12日(土)朝起きると日差しが出ていたので播磨新島のキス調査に行く事にしました。

現地に9時半頃に到着しましたが、早朝のルアーの方が引き上げたようで車は少なく波止に降りても釣人が少ないのに驚きながら波止先端に向かいました。

先端には常連さんが4名程居られましたが、チャリコばかりでキスは釣れて無いよと寂しい言葉を投げ掛けられる中で引き釣りを始めると1投目からチャリコがアタリ2投目を引き始めるとキスらしきアタリを捉え20センチのキスとチャリコがダブルで釣れました。

キスは居ると気合いを入れて引き続けると錘の着底と同時にアタリが有り1時間程度で20センチ超のキス2匹を含め5匹のキスが釣れました。

前回釣行時より活性が良くなっているようで、錘が着底し巻いたり止めたりすると小さな前アタリが有り一気に竿先を引っ手繰るような良型キス独特のアタリが有り久々に24センチと20センチのキスがダブルで釣れました。

その後もアタリが止まる事無くキスとチャリコやキスとハゼと言う釣果が続き気が付くとキス釣果10匹を超え更に11時に雨が降り始め納竿する寸前に23センチの良型キスを追加し11時半に餌も底を付き納竿しました。

当日の状況は、台風通過後に海水温も落ち着き海水の透明度が良くなり昨年8月頃の活性になり始めたようで今後が楽しみです。