しろいたち 様 投稿記事

今年、3回目のサバ調査。前回は、あたりすらなく撃沈。

暗くなるまで待ち20時頃から本格開始。
海の状況は、サバ釣りには、波があり向かい風。これは波がおさまりそうもないが、ときおり風がやみ、波も穏やかになる時があることを祈る。

案の定、あたりはない。えさのサンマの切り身はそのまま帰ってくる。何十回と投入と回収の繰り返し。

そんな21時30分ごろ、波が少しの間15分くらいかな?穏やかになった。すると間もなく、他の人のウキが沖にむかってすごい勢いで走りだした!しかし外れてしまったよう。残念。でもサバはいるそう確信。そして波が穏やかな今がチャンス!集中してウキを見ます。
すると、ウキが少し変?流れていたのが止まった?ちかくに他のウキが離れて行く。しかし沈まない。待ってみるがそのまま。ん~なに?とりあえず、サバで無い感じなので、まずはあわせて巻いてみると、なんだか重い。魚?がついている?上がってきたのは小サバでした。
それから2投目。流れていって、そろそろ回収するかと思っていると、サバがエサをつついてる感じ(なんと言ったらいいのか、ウキがすこ~し沈む感じ)そこで、少し誘ってみる。すると今度は、ウキが少しだけ沈み止まる(まだ待つんだ!)と心の声。
そして、ウキが一気に沈み込んだ所で、竿を上げる!
乗りました!約1年ぶりの強い引きです!

あとは、無事捕獲する事!

途中、すごい軽い外れたか?

いや、ついてます。こちらに向かって泳いでる。

一気に巻きとり、すぐ近くで最後の抵抗。

抜きあげて、無事捕獲です。

今年初サバ!

この後は再び、波が出てきて、おさまりそうにないので、22時に終了しました。15分ぐらいのチャンスでしたが釣れてよかったです。