ルアルアマン 様 投稿記事

午前3時より釣り開始。暗いうちはメバリングでランガンするもアタリなし。気配さえ感じず。6時になると、波の音でわかりずらかったが何やらピチピチと音が聞こえる。するとバシャッという音に変わり、ナブラ発生。ペンシルベイト→プラグ→バイブレーションとルアーをローテーションし、何度も打つが、ベイトが時折り、触れるのを感じるだけで、アタリらしきものは無し。ナブラは消滅したが、ピチャピチャという音は増え、明るくなってきた海面を見ると鰯とイナッコの群れで辺り一面多い尽くされている。ルアーをパワーブレードにチェンジし、ゆっくりと小魚の中を通すと、ガンッとアタッたと同時にスッと抜ける感覚が。PEラインから切られている。急いでラインを組み直し、ルアーをアイアンプレートにチェンジジして遠投することに。するとすぐにHIT。手前までは簡単に寄せてこれたが、タモに入れようとするとグイグイラインを引っ張って沖へ出て行く。頭を水面に出させ無事確保。口から2匹の鰯を吐き出したプリプリの60cmのサゴシ。ラインを切った奴の正体はコイツ。ベイトがいるうちに多投しようと、急いでキャストしようとすると痛恨のラインブレイク。15分かけてラインを組み直し、落ち着いてキャストすると一投目でHIT。も、エラ洗いで正体がシーバスだとわかった瞬間フックアウト。ショックでしばらく海面を眺めていると今度はメバルの群れを発見。メバリングに切り替え、キャストするも明るいからか、ワームが見切られている感じ。なんとかキャストする方向を変えながらチビメバルを2匹get。アタリは何度かあったもののバラシ多すぎ。もう少し釣果を伸ばせたのではと思うと、まだまだ修行が足りない気がしてなりません。