lefty-hawk 様 投稿記事

寒かったですが、出向いた甲斐がありました。

今回の1.5upのアタリはかなり解りずらかったです。

手元には、コッとアタり、じわーっと重みの後、またコッと来ました。

その後のモゾモゾ感に耐えれずフルフッキング。

釣り上げると黒々しく、カンナは頭の表側に掛かっていたので、がっつりボトムなイメージでした。

潮が動き出したタイミングでフルキャスト。

ボトムをとらず中層から下層を3回~5回のショートジャークを入れながらスライド。

スライド中でのアタリでした。

しもりべったり君か回遊だったのだと思います。

うねりも風も無くスムーズにギャフ打ち出来ました。

おまけのもう1杯はカンナが目に刺さっていなかったので、地につけず、写真撮らせて頂いてから直ちにリリースさせて頂きました。

この時期にあのサイズ。

どちらも非常に勉強になりました。

とても勉強になる1杯でした。