しろいたち 様 投稿記事

昨日のえさの残りで今日も、チヌ狙い。場所も同じく灘浜。今日はがんばって沖の方。

10時頃到着し今日はボチボチやる予定。
釣り人も結構います。準備中に早速その釣り人がチヌを釣り上げました。35~40㎝位?

開始早々にあたりがあったが、ハオコゼx2。昨日もこれがちょくちょく釣れた。
そして、1時間が経過した頃、向かい風。強。当たらなくてよい天気予報があたった。そこで反対向きに釣り座を変更。
すると、スーとウキが沈んでいき、あわせると重さはある、ピクピクするがすぐ素直に上がってくる。そうガッシー君です。20㎝ほどの大きさ。
そして、ガッシーが釣れる。
また、ガッシー。型はだんだん小さくなる。またガッシー。と1時間ごとぐらいに、ガッシーが遊んでくれますが、狙いはチヌ。
風が吹き始めてから、波がたち、風で棒ウキが寝かされる事もありなかなか釣りづらい状況が続くが、エサは今日使い切りたい。

そんな時、少し風がましになり波もましになった時に、いい感じ!と少し遠投した時、ウキがゆっくり沈み、チヌか?と思うあたりが!
ウキが沈みきって、一呼吸置いてからあわせると、ゴンゴン頭をフルフルで引っ張っていく間違いなくチヌくん、しかし、急に横に走りだし、ん?ボラ?と頭をよぎったが、そして、なかなか浮いてこないので大きいかと思ったが、29㎝のとても元気なチヌでした。

少し後、同じようなあたりで今度は、さっきより小さいな~と油断していると手前の、テトラに入りこまれハリス切れ、と同時にお気に入りのウキも行方不明になってしまいました。

新たな仕掛を準備していると、またまた風が強くなり、波も出始めました。そして、この後はチビガッシーを1匹追加して、エサも無くなったので終了しました。