OIDON 様 投稿記事

都志漁港でパラパラとキスが釣れ始めたとの情報により10月21日(水)に釣行しました。

現地には、6時過ぎに到着しましたが潮は低く底に近い状況です。

過去の釣行では、やはり込み潮で満潮時が最も活発にキスがアタリます。

数名の方がキスを狙われていたので、車中で暫らく様子を見ていると何時もこの時期に都志でお会いするMさんが来て居られキス釣れてるよとの事で一気にテンションが上がりタックルの準備をして1投目は3色程度に投入しゆっくり巻上げるとテーパーラインが出る
寸前でゴゴーンと強烈なアタリで上がって来たのは22センチの良型キスでした。

キスは居ると気合いを入れて2投、3投と引き釣りで探りますが、アタリがありません。

暫くすると再度Mさんが釣れたよとの声があり私も直ぐにアタリがあり20センチ超鵜のキスが釣ました。始めました。

気がつくと4匹目まで20センチオーバーの良型のみで釣れるのは、殆んど足もとです。

しかしアタリは続かないので広い護岸を移動してキスを探りましたが港内に入って居るキスの数が少なく何処も同じです。

その後は元の釣座に戻りのんびりと2時半頃までに24センチをトップに20センチ超のキスが9匹釣れ15匹の釣果となりました。

久しぶりに良型キスのアタリを楽しめました。

しかしまだ水温も高く夏のような日差しでは、本来の都志の落ちは先と感じました。