C-CUBE 様 投稿記事

1年ぶりに太刀魚が釣りたくなり武庫川一文字へ。台風の影響で北風がビュービュー吹き、16時に乗った行きの船は海水のシャワー状態。風が強い日はカッパ必須ですね。ただ、良いとされる北風なのでワクワク。

到着後はショアジギングで底付近を狙います。ジグはジグパラゼブラパープル40g。潮はとろとろと流れている程度なので底は簡単に取れます。堤防から15mあたりまで潮目になってるので、潮目の向こうへキャストし、しゃくっているとジグが潮目に入ったことがロッドに伝わる重さの変化でわかります。潮目に入ったらフォール。ある程度落としたらもう一度シャクリ上げ開始。5シャクリ目にゴミが引っかかったような感触。その後あの独特な引きを感じつつ上がってきたのは指3本の太刀魚。17時前に上がったので比較的早い時間でした。

その後指4本が同じパターンで上がり、その後も4本ほど追加。周りはあまり釣れてません。日が沈んでからエサ釣りとワインド。餌釣りで1匹追加後はワインドに集中しますがタナがはっきりしません。表層引いても中層引いてもアタリが無い。

パターン変えようと表層をある程度引いてから長いフォールを入れるとラインからアタリが伝わりフッキング。ものすごく軽い引きで指2本がヒット。リリースしてこれじゃぁなぁともう一度同じパターンで投げるとフォールでアタリ。それほど引かないしと適当に巻いてるとピックアップ直前で大暴れ。この日最大の98cmでした。フォール入れてるためタナがはっきりしない。

結局強風注意報発令で午後8時で終了。船着き場に戻ってから聞いてると皆2本~3本の釣果で、私と左隣の人は同じ数上げてたので場所選びがよかったのかな?

周りでジグ投げて尺アジ釣ってる人もいたので明るい時間帯はショアジギングがお勧めです。