しろいたち 様 投稿記事

今日は、昼前から場所取りを兼ねて、イワシ釣りからのスタートです。

この時間でも、サビキで、投入すると、どんどんマイワシが釣れます。だいたい、12~3㎝ぐらいですが、たまに、大きなものが混じります。
あっという間に大漁です。後の処理が大変なので、夕方には休憩がてら、生きイワシで大物狙い。

カタクチに針は付けて、投入。
次の、カタクチを釣って、タモ準備。
準備万端。何度か、エサを付け変えでいると、ウキがグーと沈みます。きたか?
ウキが戻って来ました。残念。エサを見て見ると、半分に、かみ後が。もう少しだった?
と近くで同じくイワシのエサで釣っていた方にHIT!竿が大きくしなり右に左に魚が暴れ、プツン。残念ながら切れてしまいました。
そして、しばらくしていると、今度はサビキをしていた方に大物が掛かった様子。タモで獲り込んだのは、30㎝ぐらいのツバス。どうやら青物もまわっています。
自分のエサは、かみ後が2回ほどあっただけに終わってしまいました。

夕方からはもちろん太刀魚狙い。
暗くなってすぐに、投光機の方が3~4本ぐらいのを釣り上げ、きたきたと期待が膨らみます。
がしかし、単発だったのか後がなかなか続きません、7時半ぐらいにようやくHITベルトサイズです。
この時間ぐらいからあたりはあるが乗らない、今日は小さいサイズが多いのか、シッポだけかじられることが多発。少しウキがしもって、しばらく待って、ウキが沈み込んで見えなくなってしまってからでも、針がかりしないことが多発。
じあいは1時間半ほどで、9時ぐらい静かに。

ここで、夕食。
ここまでの太刀魚の釣果は3本(2本~2,5本)3本は無いくらい。なので、せめて3本はある太刀魚が釣りたく(食べたく)後半戦へ。

えさにキビナゴと、釣ったイワシとを使っていたのですが、さんまの切り身をもらったので、1本の竿を、切り身用の仕掛に変更して投入すると、すぐに反応。しかし太刀魚ではない?ピコ!ピコ!とエサを触ります。そして一気にウキを沈めますが、掛からない。
2回ほどあったので、さんまの切り身を小さくして付けると、ようやく犯人が。
サバでした。
2時ぐらいまでは、サバが相手をしてくれました。

そんな中、隣りの方が、なかなかのサイズ3本半から4本くらいの太刀魚を釣り上げ、(えさは、さんまの切り身だったそうです。)
エサをキビナゴ、イワシに変更し、太刀魚狙いに集中。すぐに、太刀魚のあたり、ウキをジワーと抑え込み、しばらくして、スーとウキを沈めていき、あわせると掛かりました!
今までとは明らかに違う重みと引き!楽しみながらも、ばれるなよと願いつつ、ごり巻きで寄せてきて、少し緩めにしていたドラグを締め直して、一気に抜きあげ、ようやく確保!
4本ほどはある立派なサイズ。
しかし、シッポをかじられた後のある子で、長さはありませんでした。
もう1匹すぐにかかりましたが、3本ほどのサイズ。
このじあいも1時間ほどで終了で、後はまたサバの時間になりました。

夜明け、くたくたになりながら、サビキでアジを釣り終了しました
アジは、底で掛かります。重めのカゴで一気に底まで沈めて、竿でしゃくってエサを出すとすぐに、なかなかサイズのあじが、掛かります時には3匹4匹。
一気にカゴを底まで落とさないと、大漁のイワシに掛かってアジの層まで届かないので。