海峡亭 様 投稿記事

(釣行場所に明石川がないので新浜漁港としています)

秋の訪れとともに川に入ってくるシーバスがいないかと、
明石川でウェーディングすることに。

現地に3時着。

シマノ レスポンダー129F チャートキャンディカラーを
デッドスローでリトリーブしていると、
コンッ、コンッというボラの背中にあたったような感触。

ボラに当たっているな、と思った次の瞬間、
竿先がクンッという感じで引き込まれた。

魚の引きは強烈で、何度もドラグを引き出しては
沖へ、右へ、左へと走り回る。

てっきり巨ボラをかけたと思って雑にファイトしていたが
足元まで寄せてきた魚にライトを当ててビックリ。
巨ボラならぬ巨大マゴチがライトの中で身をくねらせて
抵抗していた。

一気に真剣モードになり、そのまま砂浜にずり上げたのは
自己記録を更新する66cm、2kg弱のマゴチだった。

でかいだけあってこのマゴチ、
ルアーを頭の方から丸呑みしており、
口の先からルアーのしっぽが少しだけ見えていた。

リーダーはザラザラ。
よく切れずに上がったものだと
雑なファイトをしたことに後から冷や汗ものだった。