眩影 様 投稿記事

ケンサキイカが釣れはじめたというので、大蔵海岸へライトエギングに行ってきました。午後9時に現地入りしてエギをキャストするも、すっごい激流でエギが沈みません。長潮だというのに、やはり明石海峡の海流はハンパない…。潮が緩み始めた11時ぐらいからポツポツとヒットし始め、午前4時頃再び潮が激流になってストップするまで、胴長12㎝~15㎝を9杯でした。全て釣れる端から沖漬のタレにぶっこんだので、最終釣果写真なしです(笑)。代わりにイカちゃんを明石海峡大橋バックにはいチーズ(笑)。

エギが着水してから15~20カウントフリーフォール、数回チョンチョンと軽くしゃくって数秒カーブフォールというパターンでOKです。意外と手前にいるので、遠投の必要もありません。9杯のうち7杯はスッテに乗ったので、リグはアシストリグが効果大です。ロッドは長時間しゃくっても疲れない、軽いものがお薦め。私はグラスソリッド穂先の小継の磯竿(1500円ぐらいだった)にEVAグリップを付けた自作メバリングロッドを使用。リュックに入るので、電車釣行にも便利ですよ。でも、一番の勘所は完全に暗くなってから潮が緩む時間帯を狙うことですね。