tomryp 様 投稿記事

イワシやサヨリが来ているので、そろそろ青物が来ないかな~と思ってショアジギングに南芦屋浜へ。

午前10時過ぎの下げ潮でメタルジグ40gからスタート。表装、中層、底を採っても何の反応も無い。近くの海面ではエンピツサヨリが飛び跳ね、ボラの子供たちがベイトボールを作成しているが何かに追われている感じはない。

そうこうするうちに、20m先の底で何かがヒット! 大物ではないが結構引くし重たい感じがある。根に入られないよう強引に抜き上げてみると尺メバル? いや、真っ黒ででっぷり太った27㎝のうれしいメタボガシラでした。

こんなことは「たまたま」あることと遠投に戻るが、再度20m先でヒット! さっきと同じ様な重さだが今度はばれる。40gのメタルジグにこんなに反応が良いということであれば狙わない手は無いと、遠投はしながらも近距離戦に繊細な注意を払うと「またまた」ヒット! 非常に重い引きで、抜き上げるとやはりメタボガシラ! 針掛かりが1本だったためかリーダーを持とうとした瞬間にはずれ、石畳でバウンドして海へサヨナラ。

底の近距離戦では根掛かりも多く、次いで30gでチャレンジ。ここでヒットしたのはゆうに尺を超えるメタボガシラ。トレブルフックの針が上あごに2本しっかり掛かっているのを確認して抜き上げる。記録更新と、丸々太った魚体を眺めていると、口が切れて石畳の隙間に落下。引き上げようと努力するも、穴は深く、釣り人の放置したゴミが邪魔をする。そのうち、魚はどんどん奥に入ってしまい残念ながらあきらめることとなりました。メタボすぎて、針の掛かった口が切れてしまうようです。実は最初の1尾も、口切れして穴に落ちてしまい取り込むのに苦労しました

1g程度のジグヘッドリグで、尺手前のタケノコメバルやガシラを釣ったことはありますが、今回のような重量級は経験がありません。また、チャレンジしたいと思います。