OIDON 様 投稿記事

10月21日(月)土日は予定があり釣行出来なかったので、当日は午前中は曇りで雨が降らないようなので昼まで釣行する事にしました。

播磨新島に着くと平日にしては釣人が多く波止先端には、常連のキス釣り師さんが1人居られるだけでした。

釣果を尋ねると朝からキスのアタリが少ないとの事でしたが暫くするとダブル、トリプルでキスを釣り始められたので、私も引き釣りを始めますが、私には全くアタリが有りません。

しかし常連のキス釣り師さんも直ぐにアタリが無くなってしまいました。

今日は、昼にならないと潮が動かない事は承知の上でしたが、1時間2時間とキスのアタリが無く時間だけが経過して行くので、内向けや沖向けに投入し引き釣りを続けていると沖向けで根掛かりとなり軽く引くと動きがあり少し強く引くと更に重量があるものの巻き始めるとタコの感触があり一気に海面まで巻き上げました。

最近の釣行で小さなタコはよく掛かって来るのですが、今日のタコは可なりの大物で無事に取り込み近くに居た子供さんと記念撮影しました。

その後もキスのアタリ無く沖向けで引き続けていると強烈なアタリで巻き上げると海面にピンク色の魚体が現われ20センチもある大きくなったチャリコでした。

更に沖向けで17センチ、18センチ程度のチャリコが釣れ続きました。

正午を過ぎ納竿時間が近づいたので、何とかキスの顔が見たいと半時間程引き続けるとキスのアタリが出始めて、何とか21センチの良型キスを含め3匹のキスを釣る事が出来ました。

朝から来られて居た常連さんもダブル、トリプルで快調に釣れ始めたようですが、私は予定があり残念ですが納竿としました。

やはり昼からの潮が正解だったようです。