OIDON 様 投稿記事

10月16日(水)昨日は中途半端な釣行となったので、昨日船に切られたラインを交換し仕掛け等も補充して何時もより少し早めの7時に自宅を出て播磨新島に7時半に到着しました。

直ぐに波止先端まで行くと先端には珍しく投げ釣り師の姿は無くルアーの若い方1人でした。

当日も結構北風が強く日の当たらない場所では寒いぐらいでしたが、早々に引き釣りをしてもキスのアタリは無くチャリコとハゼが釣れるだけでした。

あまりにキスのアタリがないので内外遠投、近投と探るものの全くキスはアタリは無く気が付くと、何と1時間以上引き続けてました。

更に2時間経過しても全くキスのアタリが無いので、暫く置き竿にしてコーヒータイムをしましたが、当たるのはチャリコのみでした。

この時点で釣り始めて既に3時間が経過していました。

この頃に常連さんと釣友のYさんが来られたので朝からの厳しい状況を伝え引き釣りを始められましたがキスのアタリは無いようてす。

私はキスのアタリが無いので、気分転換で南向きを探ると1投目で錘の着底と同時に強烈なアタリを捉え慎重に巻上げると良型の赤ベラがダブルで釣れました。

その後も青ベラの20センチから23センチが釣れ続く頃に常連さんと釣友Yさんは納竿されて入れ違いに釣友のNさんが来られたので朝からの厳しい状況を伝え釣り始めると数投で直ぐキスを釣られたので、やっと釣れ始めたかと思い私も数投で納竿する予定で引き始めると直ぐにキスらしきアタリを捉え釣り始めて5時間でやっとキスが釣れました。

更に数投引き続けるもキスを追加する事無く納竿しました。

当日は、やはり急に海水温が下がった事も影響していると思いますが、直近釣れるキスの半数は卵を産んでしまいスリムな魚体のキスが多くなっているのも気になりました。