OIDON 様 投稿記事

10月11日(金)午前中は、予定があり昼過ぎに時間が出来て台風の影響で北風が強くなり始めてましたが、播磨新島の様子を見に行く事にしました。

タックル等は、常に車に積んでますので一応餌と飲み物を忘れないようにクーラーに入れて出かけました。

現地に13時過ぎに到着すると流石に車も数える程しか止まっておらず上から波止を見ると結構南向けにルアーの方が居られました。

これならば引き釣りは可能と思い波止先端に向かうとセンターあたりに2人の常連さんが居られ波止先端南側に、キス釣りとサビキをされる常連さんが1人居られました。

私は、先端内側でタックルの準備を始めましたが、ラインをタックルに通す時点でテーパーが風で絡んでしまう程の強風です。

更に仕掛けを出し餌を付ける時にも針が風で絡んでしまい投げるまでに時間が掛かってしまいました。

やっと1投目を投入しましたが、向かい風で2色程度しか飛びませんが強風を避けて南を向きで引き始めると突然強いアタリを捉え本来ならば連掛けさせるのにゆっくり巻き続けるのですが1投目は大事なので直ぐに巻上げ18センチ程のキスが幸先良く釣れました。

キスは居ると確信し2投目を投入すると再度アタリがあり20センチのキスが釣れました。

その後も5投目と7投目で素針があったものの記憶の限り12投目までダブルが2回あり釣り始めて1時間程でキスが12匹釣れました。

13時半に釣り始めて、未だ14時半でしたが、北風が更に強くなり波止の釣り人は少しづつ減り始めました。

過去に強風の播磨新島で強風の中で爆釣し気が付くと波止に1人となり波止は波を被り車に戻る階段まで波を被り怖い目に遭った事があり1人になるまでに帰る事として引き釣りを続けていると更にアタリが続き半時間程度でダブル、単発と釣れ続き17時半頃に何時も釣果を聞いて頂く常連さんの近くに行きタックルを片付けて釣果写真を写し納竿としました。

当日の釣果は、直近釣行に比べてキスのサイズが小さいように思いましたが、こんなに荒れた日でもキスの活性が高いと感じました。

台風通過後が楽しみです。

詳細は、下記をご覧下さい。 

http://oidonkisu.livedoor.blog/