まんちー 様 投稿記事

久々の投稿です。

仕事帰りに一時間ほど内外狙える防波堤で釣行。開始から外向きのテトラ帯を探りました。風がわりとありましたが広範囲探りました。

外向き不発で、内向きの敷石の入った方を探りました。デッドスローにひきながら少しずつ移動して、ポイントに着いた当初に一番目をつけていた陸から直線距離5mくらいの位置にプカプカとゴミの密集したところがあり、それのさらに5m先くらいのところにキャストが狙い通り決まり、ゆっくり引いて、このあたりで喰うだろうと思ったあたりでコツコツあたりました。さらにゆっくり引いてみるとギュイーンとラインが出て合わせをいれたらグングン引きました。ラインは決して太くはありませんが、ロッドのおかげでスリリングなのに楽なやりとりが楽しめました。上がってきた時はマチヌに見えましたが写真で確認したらキビレっぽいですw初チヌが納得以上のサイズでした。

普段はメバリング中心なのでチヌの引きの強さにかなりテンション上がりましたwwオジサマ方がハマるのが身を持って実感できました。

海が汚すぎるせいかリトリーブしたラインが纏ったなにかしらでガイドがベタベタになって、急にキャストの飛距離もでなくなり、とりあえずかなり満足してたので納竿としました。雰囲気のあるイイポイントがあるのにゴミや水質の汚染がもっとどうにかなればなと思います。