OIDON 様 投稿記事

9月2日(月)昨日と同じ時間帯の8時過ぎに播磨新島へ釣行しました。

平日ですが、やはり南向けにはルアーマンが多く居られます。

波止先端に数人の釣人が居られますが、殆んどの方が早朝からの釣行で納竿されるようです。

投げ釣りをされているのは、現地で時々お会いする地元の方とサビキ釣りの常連さんのみでした。

釣果を聞くと小型キスがパラパラ釣れているとの事で横に入れて頂き引き釣りを始める事にしました。

到着した時には潮はまだ沖に動いて無かったのですが、引き釣りを始める頃に潮が動き出し沖には潮目が発生し始めました。

1投目を投入し引き釣りを始めると小さなアタリがあり15センチのキスが釣れました。

その後も3投続けて小型キスが釣れましたが、何時もの如くチャリコとハゼが釣れ始めました。

その後も潮が動き潮目の動きも激しく潮目を追いながら引き続けていると強いアタリを捉え巻上げると久しぶりに22センチのキスが釣れました。

潮が反転し引きに入りますが、潮目は依然発生しており潮目内を引き続け小型キスがパラパラと釣れ続けました。

10時を過ぎた頃に再度、潮の動きがあり潮目に投入し錘が着底すると直ぐに強いアタリがあり当日最大の24センチのキスが釣れました。

その後は、潮の動きが無くなり時合いが終了したと思いながら引き続けていると、隣で釣られている地元の方が20センチを超えるキスと小型キスをダブルで釣られました。

まだキスは居るとラストスパートで半時間程度引き続け3匹追加し暑さで限界を感じ納竿としました。

当日は、釣り始めた頃は、日差しは無かったものの湿度がありサウナのような状況で釣り始め納竿間際の11時半頃には日差しが出て風が無く久しぶりに強烈な暑さの中での釣行でした。

しかしながら前日と同じ時間帯での釣行でしたが、潮の動きが全く違い潮目も終始消える事なくまずまずの釣果となりました。

詳しくは、http://oidonkisu.livedoor.blog/

OIDONの釣行記をご覧ください。