陽炎 様 投稿記事

台風10号が来るということもあり、照ちゃん渡船に連絡をすると、船を片付けるので昼間でやで~ということでしたが、大物を求めて小浦一文字へと行ってきました。朝一番の渡船で渡していただき、最近はお客が多いので朝イチに2台船を出してくれているようです。後便では灯台側に渡してくれていました。

さて、様子ですが四時くらいから太刀魚があちこちで釣れ出しますが、こっちはノーバイト。まだまだワインドは未熟なようです。

日が登り、暑さもマックスになってくるとシイラがポツポツと真ん中やテトラの方で上がっている様子。回遊を待ちながらジグを投げまずか、釣れたのはカマスとサバのみ。ピンクゴールドが反応よかったです。

十時を越えてくると、暑さに我慢できない県外の人が帰りはじめ、今日は最後までいる覚悟で投げ続けます。終わりが二時までだったので食べるまも惜しく投げていると、昼前にペンペンがあちこちでライズしはじめ、私の竿にも待望の当たりが…。突然竿が折れんばかりのビッグシイラジャンプも二回され、ドラグもジージーと引っ張られ、強烈なファイトを見ていた隣のアングラが取り込みを手伝ってくれましたが。ようやく足元まで持ってきましたが

タモにシイラが入らないくらいのサイズ。悪戦苦闘の末…シイラさんはルアーの針をへし折って海へとかえっていきました。

ルアーの針を錆びさせずに変えておく必要性を学ばせていただきました。その後、なんとかペンペンを釣り上げて終了。色々勉強させてもらった釣行でした。